SSブログ

Hannover Messe 1985 [海外 鉄道]

hm0.jpg左:ドイツ常電導リニア「トランスラピッド TR-07」2002年 上海で開業
右:デンマーク国鉄 DSB Class ME 電気機関車(ドイツ ヘンシェル工場製)
                         
...

hm1.jpghm12.jpghm11.jpgドイツ 1号機関車 "Der Adler" アドラー号
イギリス鉄道のパイオニア、ジョージ・スチーブンソンとロバート・スチーブンソンにより1835年に製造、ニュルンベルク〜フュルト間のバイエルン・ルートヴィヒ鉄道に納入、1835年12月7日に初めて走った。

ドイツの鉄道開業100周年に当たる1935年、それを記念しレプリカが復元された。この復元機はニュルンベルク交通博物館で保存され、イベント時には実際に運転されるなど活躍を見せたが、2005年10月17日夜、保存していた機関庫が火災を起こし同機は焼失した。その後、およそ100万ユーロを費やし2007年に再び復元、ニュルンベルク交通博物館近くの機関庫に収容された。なのでこの写真は焼失前の1935年製である。

hm2.jpghm03.jpghm02.jpg西ドイツ国鉄 BR 01 ”Null Eins" 150号機
1935年の誕生から1974年の引退までドイツ国鉄DRG 及び、西ドイツ国鉄DBで活躍した後、DBの動態保存機として全面的に補修された。しかしこの機関車もニュルンベルク交通博物館の火災により炎上(24輌が被災大破)スクラップになった車両もあるが、01 150は奇跡的に修復され、2011年動態に復帰した。

編集長敬白「衝撃!DB博物館ニュルンベルク庫が全焼」
https://rail.hobidas.com/blog/natori09/sp/archives/2005/10/post_109.html



m24.jpgHamburg Hauptbahnhof(ハンブルク中央駅)

小さい写真は以下サイトからお借りしました
https://www.joergs-modellbahn.de/bahnreisen/hannover-messe-1985.html

コメント(6) 

コメント 6

pogpog

黄色いのはベルリン地下鉄?

by pogpog (2020-06-05 06:57) 

ナツパパ

ドイツ鉄道業界の底力が見て取れます。
こうなると、日本は敵わないなあ、歴史が違うもの。
ハンブルク中央駅にも一度は行きたいのですが、なかなか縁が無くて。
一昨年でしたか、ニュルンベルクのDB博物館で見たアドラー号は、
レプリカのレプリカだったんですね。
by ナツパパ (2020-06-05 10:08) 

gop

> Uバーン
F84型かな、これもそろそろ引退。
https://de.wikipedia.org/wiki/BVG-Baureihe_F

by gop (2020-06-05 12:27) 

gop

> ナツパパさん 以下記事拝見しました。
https://08091160825.blog.ss-blog.jp/2016-06-27

ICEは遅らせて 01 150が保管してある別館は見るべきでしたね。
リベンジしましょう(^^

by gop (2020-06-05 12:27) 

pogpog

> 上海リニア
世界最速から陥落、無用の長物に
https://toyokeizai.net/articles/-/352643

by pogpog (2020-06-05 15:10) 

gop

> アトラクション
確かに。一回乗れば充分かも。
しかし一度も事故が無いのが凄い(そろそろ?)

by gop (2020-06-06 06:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

約半世紀、私が見て感じて撮影した「モノ」の写真を載せております。スマホ版は見辛いので画面一番下「PC版を見る」を選択ご覧下さい。著作権放棄はしておらず、無断転載はご遠慮願います。