SSブログ

虹色 反薄明光線(Rainbow Anticrepuscular rays) [自然]

DSC_4113.jpegある日の夕刻、太陽の反対側(対日点側)に現れた反薄明光線

...

対して、以前 現れた反薄明光線

nigi.jpeg

通常はこの様に対日点に向かって天空上に現れ、虹色(スペクトル)に見えることは無い(二つ同時に見える事はある>写真左隅に虹)https://987.blog.ss-blog.jp/2021-05-23


h.jpg

が、この日の反薄明光線は水平線近く、光線自体が虹色となって出現(下から 赤・橙・黄・緑・青・藍・紫)但し七色までは確認できず、赤・橙・黄・緑・青の五色くらいか。 

画像検索しても似た様な写真は見つからず、恐らく太陽側の夕焼けが反薄明光線に映り込み(回り込み)虹色風のグラデーションに見えたものと思われる。珍しい夏の風物詩。

注:普通の虹(主虹=一次虹)は内側が紫色、外側が赤色となる(副虹=二次虹は逆)

コメント(4) 
共通テーマ:地域

コメント 4

pogpog

ザ・マジックアワー。
by pogpog (2022-07-30 17:05) 

gop

> マジックアワー
は日没時刻の約十分以降、約三十分間。対して反薄明光線は日の出又は日没直前のみ(太陽は出ている)なのでちょっと差がある。

by gop (2022-07-30 21:30) 

ナツパパ

なんかの野外イベントとか舞台を見ているようです。
こういう風景って現れるんですねえ。
by ナツパパ (2022-07-31 09:30) 

gop

> ナツパパさん
町内の盆踊りも急遽中止になりました。
年寄りには又厳しい夏になりそうですね。

by gop (2022-08-01 05:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。