SSブログ

RICOH 腕時計事業 撤退? [腕時計]

112W.jpg+銀座 三愛ドリームセンター解体開始

...

腕時計事業 変革

明治32年(1899)高野小太郎が「高野時計製造所」を名古屋に設立、掛時計を製造。
大正2年(1913) 「高野金属品製作所」設立、金属製置時計を製造。
大正13年(1924)両社合併「高野時計金属品製作所」設立。
 
昭和13年(1938)4月23日 高野時計金属品製作所の金属品部門を独立。
名古屋市南区に高野精密工業株式会社を設立。精密部品並びに機械器具の製造を開始。
昭和16年8月   愛知県岡崎市に岡崎工場を開設し、砲弾用信管の製造を開始。
昭和29年10月 名古屋市南区笠寺に新工場を竣工。
 
昭和32年7月 米国ハミルトン時計と技術提携。タカノブランド腕時計販売開始。
昭和32年9月 紳士用腕時計第1号「200シリーズ」発売。
昭和34年9月 伊勢湾台風で本社工場壊滅的被害を蒙る。 http://987.blog.so-net.ne.jp/2006-09-10
 
昭和37年5月 被災等により経営悪化、理研光学工業株式会社(現リコー)が買収。
      代表取締役社長に株式会社リコーの市村清 就任。
昭和37年8月 社名をリコー時計株式会社に変更。タカノブランド生産終了(生産期間 4年11ヶ月)
昭和38年1月 三愛ドリームセンター竣工。
昭和41年12月 恵那工場増築竣工。腕時計生産を名古屋から恵那へ移行。
 
ex.jpg
昭和45年3月 リコー三愛グループ 大阪万国博に「理光 - よりよき人類の眼」をテーマに参加。
昭和46年6月 本社を名古屋市東区泉2丁目28番24号ヨコタビルに移転。
昭和46年12月 水晶発振式電子腕時計「リクォーツ」発売(セイコーに続き国内2社目)
 
昭和47年11月 カシオ計算機 デジタル腕時計参入(国内時計部品メーカー、カシオへの供給を謝絶)
 
r1.jpg
昭和54年(1979.11) ADデジアナ発売  CM: 赤塚不二夫  https://wristyling.blog.ss-blog.jp/2021-11-03
 
i1.jpgi2.jpgi3.jpgi4.jpg
昭和56年 レナウン異業種プロジェクト ixi:z(イクシーズ)発売  https://987.blog.ss-blog.jp/2020-05-18
 
r2.jpg
昭和56年4月 ファッションウオッチ COCOLO 発売(5モデル)23,000 - 28,000円
 
カシオ計算機 アナログ(デジアナ)腕時計市場参入:香港スイスからムーブメント・部品を調達。
 
gi1.jpggi3.jpggi4.jpg
昭和58年(1983.5)GIVENCHY ブランドウオッチ発売  https://987.blog.ss-blog.jp/2007-02-03-2
 
カシオ計算機にアナログムーブメント供給を開始、カシオ ピュアアナログ腕時計市場に参入。
 
昭和61年4月 社名をリコーエレメックス株式会社に変更。
 
平成7年9月(1995)リコーエレメックスエーティー株式会社設立、腕時計製造販売を分社。 
平成14年11月 本社を名古屋市千種区の社屋に移転。
平成25年4月   鈴木将嗣 代表取締役社長就任(〜2019.10 就任中に時計事業の撤退決定?)
 
鈴木社長.png
平成30年4月   創立八十周年モデル発売  http://www.ricohelemex.co.jp/news/2018/0328.html
平成31年7月 リコーエレメックスエーティー 恵那に新工場棟竣工。
 
令和3年4月(2021)腕時計 生産中止?  http://www.ricohelemex.co.jp/products/watch/(リンク切れ)
          以降、現在まで時計事業撤退の正式なプレスリリースは公表されていない。

令和5年2月 三愛ドリームセンター解体決定  https://jp.ricoh.com/release/2023/0201_2

三愛精神「人を愛し、国を愛し、勤めを愛する」市村清  

yak.jpgrc.jpgリングキューブ



コメント(8) 
共通テーマ:ファッション

コメント 8

pogpog

当時イクシーズはポパイ等情報誌に取り上げられていたので、良く覚えている。ウインドブレーカーとスニーカーを買った記憶あり(高かった)
周りでもAppleWatchユーザーが増えて来て、やっと腕時計にも変革期が来たかと言う昨今、高級機械時計とスマートウオッチの二極分化か。
by pogpog (2023-05-03 09:09) 

ナツパパ

いよいよ解体なのでしたか、うーむ。
銀座4丁目に、あって当たり前の建物だったのですがねえ。
景色も変わるのでしょう。
RICOHのショウルームは何回か行きました。
by ナツパパ (2023-05-03 10:36) 

gop

> ixi:z
昭和五十八年(1983)は期せずしてG-SHOCK初号機も発売された年。四十年後の現在、一世を風靡したレナウンは経営破綻で既に無く、片や Gは未だ健在。志だけ言えば ixi:zの方が高かったと思うが。
5/1 カシオ増田新社長「G-SHOCK 高価格帯に注力」だそう、さて?
https://sp.m.jiji.com/article/show/2936985

by gop (2023-05-03 16:44) 

gop

> ナツパパさん
カメラ事業は何とか存続する様ですね。ただGRも新機軸を考えないと先が無いかもしれません、カメラ業界にも厳しい世の中です。

by gop (2023-05-03 16:45) 

pogpog

>国内時計部品メーカー、カシオへの供給を謝絶
独禁法違反。寡占市場が多かった昭和の時代には良くありそうな話し。リコーは今でもカシオへ供給を続けている?
by pogpog (2023-05-04 07:40) 

gop

当時S社は殿様商売、業界では有名な話。
https://www.tsk-pcb.co.jp/blog-tanaka/%E9%81%8E%E5%8E%BB%E3%81%AE%E3%83%94%E3%83%B3%E3%83%81%E3%81%8B%E3%82%89%E5%AD%A6%E3%82%93%E3%81%A0%E3%81%93%E3%81%A8/
既にカシオは基本内製、リコーはムーブ生産ラインを残していると思う。以下、四年前完成した新工場用途は精密機械部品・時計製造工場。
https://www.yokogawa-yess.co.jp/archives/production/7234

by gop (2023-05-04 10:45) 

gop

立派かどうか?だけど、昔はこんな企画をやっていたことも(十五年前)
http://compe.osaka-design.co.jp/2008/thema/pdf/09.pdf

by gop (2023-05-06 21:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

約半世紀、私が見て感じて撮影した「モノ」の写真を載せております。スマホ版は見辛いので画面一番下「PC版を見る」を選択ご覧下さい。著作権放棄はしておらず、無断転載はご遠慮願います。