So-net無料ブログ作成

熱田まつり 1973 [名古屋歴史]


巻藁(まきわら)舟 

...

熱田まつり(尚武祭)毎年6月5日に開催される名古屋 熱田神宮最大の例祭

4598780.jpg  巻藁舟

1年を示す365個の白張提灯を半球型に組立て、延びた棒に月を示す

12個の提灯を等間隔で取り付けた祭り舟、尚武祭の夜、五艘が東海道 宮宿「七里の渡し」に浮かぶ
昭和48年を最後に中止されたが、近年「堀川まつり」で復活
 

  
 

最後の巻藁舟  東海道五十三次、41番目の宿場「宮宿」七里の渡しにて 1973.6.5 gop撮影
                       
          Nikon F2 NikkorAuto 55mm F1.2 / 300mm F4.5 TRI-X   


宮宿(宮の宿、みやのしゅく、熱田宿)
中山道垂井宿に至る脇街道美濃路や佐屋街道との分岐点でもあった

宮宿と呼ばれるが、幕府や尾張藩の公文書では熱田宿と書かれている 古くからの熱田神宮の門前町 
港町であり、桑名宿とは東海道唯一の海路である「七里の渡し」で結ばれていた Wikipediaより

NPO法人 堀川まちネット
http://homepage1.nifty.com/uni-hp/top.html
名古屋堀川ライオンズクラブ
http://www.horikawa-lions.com/topics/2005-08-01-horikawamaturi.htm


 
宮宿にはひつまぶしで有名「あつた蓬莱軒」本店、「蓬莱陣屋」もあり
http://www.houraiken.com/


コメント(6) 
共通テーマ:地域

コメント 6

ナツパパ

蓬莱軒さん、ずいぶんご無沙汰です。
栄「松坂屋」のお店で頂くことが多いのですが、いつもすごい行列。
でも、並んで食べる価値がありますね。
by ナツパパ (2008-10-13 07:35) 

gop

> ナツパパさん
日ハムおめでとうございます(^^

蓬莱軒さん、次回は本店の蓬莱陣屋で食べて頂けると。
上手くすれば大女将の正調名古屋弁を聞く事が出来ますよ。

by gop (2008-10-13 19:47) 

akira isida

「ひつまぶし」は食べてないです、一度は食べないと。

関東風の蒸して身と皮の間がトロッと柔らかいのが好みで、薬味は山椒だけっていうウナギに慣れきっているからでしょうね。

大森にオフィスがあったときは、朝通りがかると野田岩の若い衆が炭を割っている音が印象的でした。チーーンという澄んだ音なんですよね。備長炭も最近は貴重なものになりつつありますね。


by akira isida (2008-10-13 21:27) 

sugimecha

いつかはgopさんの奥様ともご一緒したいなあ。(^^;

助手席で悲鳴とか聞いた事あります?(爆)
by sugimecha (2008-10-13 22:37) 

gop

> isidaさん
鰻の蒸す、蒸さないは静岡辺りで変わる様ですね。
東京でも有名店(野田岩とか)は歯応えがある様ですが(食べた事ない..)

蓬莱軒の「ひつまぶし」、食べ方はここにありました(神宮南店)
http://jp.youtube.com/watch?v=EbJVnPN07xc
こちらが本店(備長炭の煙?..笑)
http://jp.youtube.com/watch?v=tiWC0CTerDs&feature=related

by gop (2008-10-14 05:55) 

gop

> sugimechaさん
しょっちゅう大声で怒ってますが...

by gop (2008-10-14 05:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。