SSブログ

スランベリス湖岸鉄道 [蒸気機関車]

uk5.jpgウェールズ北西部、スノードン山麓のパダルン湖畔を走る観光鉄道

...

uk4.jpguk3.jpguk6.jpgメナイ海峡の採石場からスレートを運ぶため、1842年に開通したパダルン鉄道の一部を使用した観光鉄道。当時は4フィート(1219mm)ゲージだったが、現在はナローに改軌(597mm)パダルン鉄道はスレートの需要が減り、1961年10月に廃止。スランベリス湖岸鉄道として1971年5月28日に一部再開通、2003年スランベリス駅まで延伸した。蒸気機関車は三台在籍しており、写真のDOLBADARN(愛称)は1922年ハンスレット社製の車軸配置 0-4-0のサドルタンク機、ウェールズのディルノウィック採石場で使用されていた。

uk3-1.jpgHunsletDolbadarn.jpg現役時代、採石場ではキャブの屋根が無かった様、シンプルで好ましい働く機関車。



コメント(4) 
共通テーマ:旅行

コメント 4

pogpog

現役時代は如何にも働く機関車で男気?がある。かっこいい。
by pogpog (2021-10-16 10:09) 

gop

> 働く機関車
確かに黒い方が質実強謙。木曽のボールドウィンと同年代。
https://987.blog.ss-blog.jp/2006-08-21-2

by gop (2021-10-17 07:31) 

pogpog

木曽のもかっこいい。
by pogpog (2021-10-17 21:09) 

gop

> ボールドウィン
森林火災を起こさない様、火の粉が飛び散らない構造の煙突(ダイアモンド型)結果、これが素晴らしいアイコンになっている。珠玉の機関車。

by gop (2021-10-18 07:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。